小倉アスリートファンサイト
KAFS [kafs.jp]

INDEX

チャリ・LOTO スペースエンジェルスの日常
スペースエンジェルズのブログ
ケイリン向上委員会
くらリン日記
北九州競輪選手の愉快な仲間達のブログ
小倉選手紹介
小倉けいりん 清掃活動
コンドル
お問合わせ ファンサイトとは? プライバシーポリシー
INDEX>> TOP >>吉岡カップ争奪戦
第8回チャレンジ・ザ・バンク

吉岡稔真カップは、地元北九州出身の吉岡稔真さんの名前を冠したレースです。
初日は開門前からお客様の行列が出来ていました。
地元選手もスペースエンジェルズも、吉岡さんと共にお出迎えです。
エンジェルちゃん達、スタイル良いなぁ(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ



この三日間は、当然ながら、検車場や、開催指導員室で、吉岡さんをよく見かけます。 あくまでも推測ですが、吉岡さんは控え室より、気心知れたこの場所の方が、落ち着くのではないでしょうか。



初日、始まったばかりの、1レースの発売中にまずはご挨拶です。 ナマの吉岡さんのご挨拶とあって、スタンドのお客様も楽しそう!歓声が聞こえてきます。


また日曜日という事もあって家族連れの方々がたくさん!









あれ?ちょっと、どうして日本を代表するデザイナーの黒田清太郎さんが、競輪場に?ニューヨーク在住でしょ?ホンモノ?マジで?と自分の目を疑いましたが、どうやらホンモノ。そうか、北九州市出身だったのですね。



このような“メルヘン”とも言えそうなキャラを描いているとは思えない、波瀾万丈な人生と、平和に対する世界観。 憧れの方がこんな所に・・・。どうして私はお財布を持参して、このチャリティに参加して、Tシャツを購入しなかったのか、後悔しきりです(x_x;)



黒田さん、プロフィールに、『趣味:競輪』って入れて下さらないかしら。


それにしても、競輪をご存知ない方もたくさんいらっしゃる気配・・・
そうか(・o・;)!仮面ライダーが来ていたからですね!
ゴーカイジャー恐るべし・・・。






この日は小花火大会が行われました。もちろん『小花火』なんて造語。でもこの言葉にインパクトがあったようで、アナウンスを耳にした皆さんが「小花火?」と、反応する様子が見られました。






ぶれちゃいましたが、『小花火大会』にはライダーも参加していたのです。
あなたは怖い顔しているけれど、仮面ライダーなの?それとも悪者なの?
無知でゴメンね(;´Д`A



2日目の吉岡さんは、ちゃりんこナイトレースに参加です。
な〜んて、吉岡さんがそんな大人げないコトするわけありません。



吉岡さんは「この服で良いよね。」と係の人に言っているのですが、「いや、こちらを・・・」と出されたのは二番車のユニフォーム。
そう、吉岡さんと言えば二番車。
この姿でシロウトさん達をサ〜〜〜ッと捲っちゃう姿を見てみたいものです (o ̄▽ ̄)oワクワク



「あんた、撮るなら金取るよ。」って言われましたが、冗談・・・?



結局隠し撮りしちゃったのは



吉岡さんのお尻。



そして、吉岡さんが出場するチャリンコナイトレースを見守る選手の皆さん。いつもとはギャラリーの数が違う・・・。



吉岡さん、今日の為に新車で参戦して下さったとか。



和やかに行われていたレースが一瞬凍り付いたのは、1番車のボクちゃんが、4コーナーのカントをぐんぐん登って行った時でした=( ̄□ ̄;)⇒ みんな「落車だ!」と覚悟したのですが・・・何事も無かったかのように走路に戻ってきたボクちゃん( ▽|||)サー



吉岡さんはこの後、ちびっ子と握手をしてカッコ良く去っていきましたが、その後「あの子良く登って降りてこられたな〜。」と感心しきりでした。 ここにも未来の競輪選手が((o(∇*)?


そういえば、ファンの方から「惜しかったね〜」なんて、励ましの言葉をかけて頂いたそうですが・・・
プロの演出ですから。



チャリティ・オークションでは、吉岡さんの大切な思い出のモノなどがたくさん出品されていました。






これは競輪祭のダイヤモンドレースに出場した時のユニフォームですって!



吉岡さんは照明がとっても暑かったようで、今にも倒れるのではないかという表情を・・・。 新陳代謝、高いまんまなんですね〜。



吉岡さんの弟子である、小川勇介選手のユニフォームを落札した少年です。

毎日行われる吉岡さんのトークショー。



津田さんは毎日オシャレです。



吉岡さんは毎日暑そうです。



チャリティーオークションは、選手の皆さんがたくさんの商品を持ち寄った為、一日では終わらず、三日間を通じて行われました。
杉山選手が持っているのは、吉岡さんが「チャリンコナイトレース用のユニフォームを入れてきた」という、まさに吉岡さんの匂い付き(かもしれない)巾着。その場でササッとサインを入れて出品されました。遭遇した方は大変ラッキーです。



最終日は、吉岡さん率いる不動会の、相談役として、吉岡さんを支えて下さった、尊敬するべき野田正選手の引退セレモニーが行われました。 表彰式に向かう吉岡さん。



これは別の特集でお伝えするとして・・・。



遠くから見ていても、吉岡さんが涙ぐんでいるのがわかり、こちらまで・・・(〒_〒)ウウウ



いやいや、今回は吉岡稔真杯争奪戦。

どう考えても主役は優勝した宿口陽一選手です。 靴を履き替えて表彰式に向かいます。



四人で記念撮影です。

最後に、華を添えて下さった、そして、緊張感を和らげて下さった津田三七子さんの笑顔で締めさせていただきます。






あ、違った。優勝した選手のマジメ顔で締めさせていただきます。



でもやっぱり、「来年の吉岡稔真カップでは、もっとファンの皆さんに喜んで頂けるような企画を考えていくので、楽しみにしていて下さい。」と挨拶されていた吉岡さんのクールな後ろ姿で最後にさせていただきます。
(C)kokura athelete fansite