小倉アスリートファンサイト
KAFS [kafs.jp]

INDEXINDEX

チャリ・LOTO
ケイリン向上委員会
くらリン日記
北九州競輪選手の愉快な仲間達のブログ
小倉選手紹介
しゅうちゃんの食道楽
小倉けいりん 清掃活動
コンドル


お問合わせ

プライバシーポリシー
INDEX>> TOP >>北津留選手 連覇おめでとう特集
北都留選手 連覇おめでとう特集

先日のアジア戦(第26回自転車選手権大会)で、目を見張る活躍をしていたのは、ご存知北津留翼選手。昨年インドのニューデリーで行われた大会に初出場し、スプリントで金メダルを獲得したのは有名な話。今年は同じくスプリントで金メダル、チームスプリントで銀メダルを獲得しました。 昨年にも増して、世界で戦うプロ達が数多く出場していた為、厳しい戦いになったとか。そんな北津留選手、ご家族でフリーマーケット出展中のところをお邪魔して、話を聞きました。

- 二連覇おめでとうございます。簡単に連覇なんて言いますが、プレッシャーも大変なことだったと思います。昨年より成長したところ、また意識して気をつけたところなどありますか?

【北津留】 ありがとうございます。 昨年の優勝があるので、今年も勝たなければならないと思ったのは事実です。しかしそれをプレッシャーだとは感じていませんでした。昨年と違うのは物理的な事です。自転車を変えて臨みました。ハロンタイムが去年より伸びていた事に、まずは一安心しました。予選が終わってみると1番のタイムで通過していた事には自信を得ました。

- 昨年の北津留選手は予選タイム3位。そこから逆転した事を考えると、今度は他の選手からの逆転が考えられ、安心はできなかったのでは?

【北津留】 実はオールスターが終わり、家に帰ってから2日間の休養があった事で、うまく調整出来たんです。と言ってもロードワークを軽くして、後は睡眠をしっかり取っただけですけれどね(笑)。そして予選1位ですから、「大丈夫」と確信できました。

- 選手全てに言える事だと思うのですが、ご家族の協力がなければ、思い通りに練習をしたり、休養したり、調整する事は難しいと思うのですが、北津留選手の場合はいかがでしょう。

【北津留】 そうですね。家族には感謝していますが、子供がいるとやはり自分の主張ばかりでは…。(ここでご家族が)「翼は何もしないよねぇ。何か手伝ってもらったっけ?」「子供が二人いるようなもの〜。」(北津留選手が)前に比べたらやってると思うけど…。(すかさずご家族)「同居だから良かったようなものの、親子3人で暮らしていたらどうするつもりだろうねぇ?」そりゃそうだ。つまり北津留選手の強さは家族の協力なくしては有り得ないのです。因みに、北津留選手曰く、「やっと僕の顔を見て反応してくれるようになったし、かわいさも日に日に増しています。癒しの存在です。」とのこと。

- 世界での活躍はもちろんですが、競輪に関してはどうでしょう。

【北津留】基本的に僕にとっては世界戦も競輪もスタンスは一緒なんです。当然オールスターでも、そこに向けて調整して臨んだけれど、思い通りの結果が残せなかった。この悪い流れを断ち切らなければと思いました。せっかくいい流れを掴んだのだから、次のレースに繋げていく事が、自分の課題だと思います。

- 次の目標をお聞かせ下さい。

【北津留】12月に、4年に1度の祭典、アジア競技大会がカタールのドーハで開催されます。今回のアジア戦は、その予選のようなものだったのです。この大会でどれだけの成果を残せるか、それが競輪に対するモチベーションを高める事にも繋がってくると思います。

- ではファンの皆さんへひと言どうぞ。

【北津留】月並みですが、毎レース力を出し切れるようなレースをするつもりです。皆さんの期待に応えられるようにがんばりますので、応援を宜しくお願いします。

全くの余談ですが、海外遠征の多い北津留選手は、海外の選手とコミュニケーションを取る為、会話は当然英語です。学生時代英語のテストで0点を取ったことすらあるという北津留選手。言葉は「机上の勉強より実践」という事を、身をもって実証してくれました。今では親友も外国人選手だそうです。うーんすごい!

(C)kokura athelete fansite