小倉アスリートファンサイト
KAFS [kafs.jp]

INDEXINDEX

チャリ・LOTO
ケイリン向上委員会
くらリン日記
北九州競輪選手の愉快な仲間達のブログ
小倉選手紹介
しゅうちゃんの食道楽
小倉けいりん 清掃活動
コンドル


お問合わせ

プライバシーポリシー
INDEX>> TOP >>松尾信太郎選手 結婚おめでとう!!
松尾信太郎選手 結婚おめでとう!!

選手ブログで紹介もあり、既にご存知の方も多いと思いますが、地元92期の、松尾信太郎選手の結婚式、披露宴が行われました。



というわけで、ここはやはり特集でしょう( ̄∇ ̄)
カメラマンは、藤井正選手です。

エントランスからして、競輪選手の披露宴以外に考えられません。




本人より先に弟の透選手発見!
な〜んかカッコ良くなっちゃって〜(* ̄∇ ̄*)

控え室に図々しく乗り込むと、そこにはあられもない姿の松尾選手が!w( ̄▽ ̄;)wワオッ!!
オモシロイのでカメラを向けると「どうぞどうぞ」と松尾選手。
それに対し、着付けの方が「コレでは恥ずかしいのでちょっと隠しましょう。」と、慌てて袴で前を隠したのでした。
そ、そうだよね。調子に乗りすぎました( ̄Д ̄;;

はい、出来上がり。



オオッ( ̄□ ̄!)!
なんと美しい奥様。
毎回思うことですが、過去の特集に登場した、樫山選手然り、八尋選手然り、なぜ競輪選手の奥様はこんなにも美しいのか。

噂によると、このヘアスタイルは花嫁に今、とっても人気なんだとか。

この笑顔といい、大変お似合いです。


この後“乾杯の発声”という大役を控えた小笠原秀樹選手は緊張がMAXのようです。

小笠原選手、素晴らしい乾杯でした。


さてさて、乾杯が終わったから、後はたくさん飲むことになる選手の皆さん。
この焼酎のラインナップ、お好きな方にはかなり貴重なモノでしょ?

松尾選手の結婚のお祝いにと、ご列席の、お父様のご友人が差し入れて下さったのだとか。




奥様のお色直し後は、こんな事して遊んでいました。



さて、松尾選手のお色直しです。
奥様と同じく美しいお母様と退場です。
そりゃ生まれた時から目が肥えて、「ハードルも上がるわ〜」ってなもんです( ̄ω ̄;)
下世話ですか?


新郎新婦が不在中は、新郎新婦になってみるらしい。


お色直しをして入場すると、続いてはウェディングケーキの入刀です。
披露宴にはコレがなくてはならないでしょう。


藤井選手は正面に構え、私が欲しいアングルを逃さない、素晴らしいカメラマンとなって下さいました


ファーストバイトと言って、新郎新婦による“初めて”の『食べさせ合い』
“初めて”じゃないだろう?とかいう突っ込みは無しでお願いします。

新郎から新婦には「一生しっかり働いて、食べるものに苦労させません。」


新婦から新郎へは「美味しいお料理を一生作り続けます」という意味がそれぞれあります。


封建的?
いえいえ、最近の調査では、未婚女性の『専業主婦になりたい率』かなり高いそうです。

向こうの方では早くもすっかり出来上がっちゃった感じです。中央でキスをされているのは誰だべ( ̄Д ̄;;?


ちょっ! お、弟よ(`ロ´;)!!
オモシロイけど。


さて、皆様はご存知でしょうか。
花嫁のブーケを贈られた方は、次の花嫁になるというジンクスを。

奥様は昨年、ご友人の結婚式でブーケを贈られたそうです。
そしてジンクス通り、次の花嫁となりました。
ですから、次も別のご友人へ、幸せのリレーです。
ステキ。
(水を差すようですが、私は現在までに3つ受け取りました( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ)


続いての退場は、競輪選手を3人指名して、騎馬を作っていただきました。
松尾選手は当日の気分で指名しました。
その3人とは、藤井正選手、吉岡啓史選手、秋永昂人選手です。
騎馬って学生時代の運動会で見たっきり。
(みんなそうでしょ?)

それなのに、3人とも、全然躊躇することなくササッと組み始めました。


楽しそう・・・


行ってらっしゃ〜い。


続いてのセレモニーは、『ファイヤーイリュージョン』だそうです。

色とりどりの灯りに照らされてとっても幻想的〜(゚ρ`)ァー


それにしても・・・
ここまでで、選手の披露宴にしては、「激しさ」がないなぁ。
と思っていたら、出た!!

やっぱり裸になるんだね!

大分の92期。コハラ選手です。検索してみましょう。
誰か携帯で写真撮ってるし。


その後はお二人が、ゲストの為に準備したデザートビュッフェ。
梅雨入りしてもおかしくない季節だというのに、素晴らしい晴天に恵まれ、2人はガーデンでケーキのサービスです。

皆さんも明るい日差しの中、ご自由にお過ごし・・・


皆ご自由に・・・


ご自由すぎるコハラ選手。


あぁ、そのケーキ・・・食べたい。
だって「甘〜い幸せのお裾分け」なんでしょ


終盤にさしかかり、ここでお二人から、プレゼントを贈りたいと言うことで、サプライズで、ある人物を呼び出しました。


その方は、お二人の披露宴に最初から携わって、一緒に作り上げてきたプランナーさん。
感謝の気持ちを忘れない、お二人らしい演出です。

これはプランナー冥利に尽きるでしょうなぁ。


いよいよお開きの時間。
親御様への感謝の気持ちを伝える時間です。

奥様が手紙を読み


2人は花束を手に親御様の元へ進まれました。


花束を贈ると、後は謝辞です。
松尾選手の謝辞、一部を抜粋です。
「師匠が引退し、昨年は大ケガをし、激しく落ち込んでいましたが、本日はレースで不在の藤井克衛選手から声をかけられ、練習仲間に誘っていただきました。
僕にとっては練習仲間みんなが師匠です。」
ううぅっ、謝辞までオトコマエ(ノДT)アゥゥ


皆様への謝辞に続けてここで取り出したのは奥様への感謝の手紙。
当日までサプライズって、感動するじゃな〜い
内容はというと
「昨年のケガでどうしようもなく落ち込んでいるとき、仕事帰りに病院に立ち寄っては励ましてくれました。その事で勇気づけられました。
そしてレースで準備もままならない僕に代わって、今日の準備をしてくれました。
本当に感謝しています。
一生かけて幸せにします。」
って感じ。

何度も泣かすわ〜・゚・(ノД`;)・゚・


はい、それではお見送りです。


弟よ、どうした?
飲み過ぎたのか( ̄ェ ̄;)?


あ、お父さんまで(゚ロ゚;)!


松尾家だけではなく、奥様のお父様もなかなかのお茶目さん。


そして、こちらがプランナーさん。カワイコちゃんですね(`∇´ )にょほほほ


そして、松尾選手と奥様のご友人の皆様。
こんなステキな楽しいご友人の皆様に囲まれて、学生時代を過ごしていらっしゃったのですね。


皆様ご協力ありがとうございました。

最後になりますが、お二人のなれそめをご紹介します。

=========================================

お二人は中学校時代の同級生。
第一印象は、松尾選手は「ビビビッと来た感じ」。奥様は「いつも走っていて、日焼けした男子」という程度の印象だったそうです。
自然と仲良くなり、お付き合いが始まりましたが、当時は中学生。お付き合いと言っても、学校から一緒に帰るというデートでした。

高校に進学すると、奥様は地元の高等学校に進学、松尾選手は北九州を離れ、野球の名門校で、甲子園を目指して野球に熱中する毎日。
距離が出来てしまいました。

再会したのは高校卒業後、松尾選手が競輪選手を目指しながら、アルバイトをしていたファミリーレストランでの事です。
その時の印象は松尾選手は「中学生当時のショートカットのかわいいイメージしかなかった為、女性らしくキレイになっていた」。
奥様からは「坊主のイメージしかなかったのに、髪を伸ばして茶髪になり、正直チャラくなった。」と思われたそうです。
因みに、現在更にチャラくなっているそうです。
それからまた2人だけで会うようになり、成人式を迎える頃には、自然とお付き合いが始まりました。

競輪選手を目指して5年間、お付き合いが始まってから3年間、「本当に選手になれるのかな?」と思ったこともありましたが、奥様が精神的に支えて下さったことで、挫折することなく無事に競輪学校に合格することが出来ました。

競輪選手の皆さんは誰もが経験していることですが、競輪学校時代の1年間は、携帯電話禁止の為、夜の公衆電話は長蛇の列です。
また、静岡から福岡では電話代も大変で、奥様はKDDIのカードを送ったり、手紙を書いたりした事が、松尾選手の心の支えとなっていたそうです。

=========================================

そんなかけがえのない女性と結婚する事が出来た、幸せな松尾信太郎選手。

披露宴の最後に、「7月5日から地元小倉を走るので、応援して下さい。」
と、アピールすることを忘れませんでした。

皆さん、選手の「結婚パワー」を信じて、松尾選手からいかがでしょう・・・。


(C)kokura athelete fansite