小倉アスリートファンサイト
KAFS [kafs.jp]

INDEXINDEX

チャリ・LOTO
ケイリン向上委員会
くらリン日記
北九州競輪選手の愉快な仲間達のブログ
小倉選手紹介
しゅうちゃんの食道楽
小倉けいりん 清掃活動
コンドル


お問合わせ

プライバシーポリシー
INDEX>> TOP >>特集 ドーム舞台裏ツアー

特集 ドーム舞台裏ツアー

開催初日に行なわれている『ドーム舞台裏ツアー』に、私も参加してみました。
通常(その時のレースの状況によって変動有り)@検車場→A管理室→B番組編成室→C選手宿舎→D上審判→E下審判といったルートです。

まずは【管理室】です。
この日、ツアーに入る直前のレースで落車がありました。

「朝練習した後や、レース前後の休憩時間など、選手が過ごす時間が、一番多い場所です。」と、忙しく慌しい中対応してくださいました。
じゃあ私達も慌しく移動してっと、続いて【番組編成室】です。
この時間は既に翌日のレースの組み合わせ中。

参加者Aさんが大胆にも「10年くらい前の競輪祭に○○選手が△△と一緒に走るのはイヤっちダダこねたっちホント?」と質問すると、係の方は笑顔で「さあ、私はその頃居りませんでしたので、なんとも言えませんが。」と。
ウム、模範解答ですな( -_-)
それから【宿舎】へ。
食堂見学中参加者Aさん「○○選手はむちゃくちゃ食べるんやろうなぁ。あっ!女の人もおるんや。選手はオネエチャン口説きよるんやろうなぁ。」と、またまたおもろい事を。係の人は聞こえないフリですか?
その後各自の部屋を覗きに…と思ったら、そんな事は当然許されるわけも無く、宿直の部屋を見学する事になりました(ま、どの部屋も同じですけどね)。
参加者Bさんの「林間学校思い出させるなぁ。」に、みんなしみじみしていると、参加者Aさん「イビキうるさい奴と一緒の部屋やったらイヤやなぁ。」
これには係の人も「そんな人の為にイビキ部屋が有るんですよ。自己申告ですけど。」と優しく教えてくれました。
(へ〜〜〜〜〜〜〜っ(゚Д゚) )
ここですかさずAさん「同じ地域の選手でも仲悪かったら部屋分けるんやろ?」
すると係の人は「さあ、私は○○選手と△△選手の仲が悪いかどうかは存じませんので。」と。
(固有名詞、出ていますけど…(゚∀゚;)?)
その後【検車場】に移動しました。
このように天井から自転車が吊るされているのは良く見る光景ですね。だからなのか参加者は「お〜あの選手は足白いなぁ。」「あいつタバコ吸ってても強いんやな〜。」など間近で見る選手に興味津々。
ここでは自転車を検査する係の人がいます。この時自転車の事ではなく、選手と今日のオヤツについて盛り上がっていました。実はこちらの係の人が一番、選手の事を知っているのかもしれませんよ。
この後
【上審判】に行く予定でしたが、残念ながらかなり忙しく、見学はかないませんでした。そこでそのお詫び(?)として、誘導員の出入り口からレースを見せてくれたのです。
わ〜い♪こっちの方がイイよ〜んヽ(゚∀゚ )ノ
最後は【下審判】で、審判体験です。
ピストルを撃ったり、ジャンを鳴らしたり、各コーナー審判員のように、赤いランプを点灯させたり、上審判と交信したりと、このツアーに参加しなければなかなか出来ない経験に、みなさん子供のようにはしゃいでいるように見えましたよ。
本格的で楽しい体験でした。

では最後に参加者の皆さんにも感想を。

Aさん ― この企画はスバラシイ!そのひと言です。
Bさん ― とても勉強になりました。
Cさん,Dさん(ご夫妻) ― ちょっと遊びに来て、しかも初めてだったのに、まさかこんな面白いことをしているとは思いませんでした。
Eさん ― これに加えてバンク1周歩けるなんてのもあったらいいな。

嬉しい感想ばかりでした。

「出来るだけ選手に近付き、選手の素の様子を知って欲しい」という気持ちから出来たこの企画です。皆さんと選手とを繋ぐ足がかりになって、競輪を更に身近に感じられるようになったら嬉しいですね。

【オマケ】
宿舎との競輪場を繋ぐ地下通路に、こんな目立つ看板が。
「選手は大きい人が多いですからねぇ。」という警備員さん。
だからってぶつかるの?ボ〜ッとしているワケじゃなく?(あえて小文字)
私の身長は155センチ足らず。身長が高い人々の目線や悩みを知らな過ぎたと感じた午後でした(゚△゚;)
(C)kokura athelete fansite