小倉アスリートファンサイト
KAFS [kafs.jp]

INDEX

チャリ・LOTO スペースエンジェルスの日常
スペースエンジェルズのブログ
ケイリン向上委員会
くらリン日記
北九州競輪選手の愉快な仲間達のブログ
小倉選手紹介
小倉けいりん 清掃活動
コンドル
お問合わせ ファンサイトとは? プライバシーポリシー
INDEX>>第7回吉岡稔真カップ争奪戦
Sジャン!

今年で7回目になる吉岡稔真カップ争奪戦。
今年のメインイベントは、なんといっても吉岡稔真記念館「TOSHIMASA MUSEUM」の完成披露でしょう。
北九州市出身で、競輪界の一時代を築いた吉岡稔真氏の功績を讃えた記念館。



“完成披露でしょう”なんて、いばっておきながら、私が到着すると、既に吉岡さんは遠い所に…
関係者の皆さんから「あ~、今頃来て…」と呆れられた模様。

以下は、小さな大人の私が、一生懸命背伸びして撮った写真です。悪あがき…。



テープカット後の吉岡さん、皆さんに笑顔でご挨拶です。



ミュージアムの中はこんな感じ。
主なタイトルトロフィー、優勝時の写真パネル、その他、世界選仕様のレーサーや獲得したメダル等の展示など盛りだくさんです。



中央には吉岡さんが実際に使用した自転車があります。



吉岡さんはこの場所で「自転車に自由に触って、競輪選手の自転車がどんなものなのか知って欲しい。お子さんがいらっしゃるなら、競輪選手になりたいという夢を持って貰いたい。」とおっしゃっていました。



初日のトークショーは「北九州市スポーツ大使」植木通彦さんと。



吉岡さんは競輪界で、植木さんは競艇界で。
お互い若い頃からそれぞれのステージで、トップに立って活躍された事から、親交が厚く、お互いが心強い存在であった事が伺えました。


最後は抽選会で、皆さんと写真撮影も行われました。



初日から多くの方にお越しいただいて、感激の吉岡さん。
「引退して早7年。まさかこんなにたくさんの方々にお越しいただけるとは思いもしない。」と皆さんに伝えていました。


二日目は、メディアドーム夏祭りが行われたので、アリーナからの撮影です。

後ろ姿だけでは何なので…
バック側にある大きなモニターに映った皆さんです。



夏祭りでは、例年通り、縁日やキャラクターショーが行われ、たくさんの親子連れで賑わいました。
開門前から長蛇の列です。



個人的にはこのTシャツで泣き叫んでいたボクが最高に好き



最後の『小花火大会』。
キャラクター達も一緒に楽しんでいる姿が、彼らも童心にかえっているようでたまらない。



最終日のトークショーは、認定NPO法人ロシナンテス代表の川原尚行さん。
私は川原さん、実は憧れの存在だったのです。
まさかこんな所でお目にかかれるとは。



川原さんはスーダンに病院を建てる事を計画しているそうです。
詳しくはコチラを。
http://www.rocinantes.org/

そしてこの日、見逃せないのが選手会主催で行われたオークション。
ほんの一部をご紹介します。






時間が無く、全てをオークションする事が出来なかったのですが、大分の大塚健一郎選手が持ってきてくれたユニフォームは、その後サインを入れて、選手会のブースで販売される事に。



このオークションの収益は全てロシナンテスを通じて、に寄付されました。

贈呈式では、選手会を代表して、吉岡さんの実弟で、競輪選手会福岡県支部副支部長の、吉岡啓史選手が、吉岡さんへ。吉岡さんから川原さんへという不思議な贈呈が楽しく見られました。



S級優勝選手は、岡山県の守谷陽介選手でした。
守谷選手の、向かって右手の女性、確かどこかで…と思ったら、オークションの時にTシャツを落札して下さった女性です。
彼女は守谷選手の大ファンで、守谷選手が優勝した時のコメントをちゃんと考えて臨んだのだそうです。
「いい記念になりました」と大興奮の様子でした。
気が付けば彼女に「おめでとうございます(T_T)!」と伝えていました。



吉岡稔真カップのトロフィーは、来年まで守谷選手の物です。
来年は不動会の誰かが奪う予定ですけどね。



小倉アスリートファンサイトでも告知していましたこちらのビールカップ、応募して下さいましたか?
締め切りまでもうまもなくです。


http://www.kafs.jp/present/20130819/index.html

(C)kokura athelete fansite